ホームページへ戻る
商工会議所について
サイトマップ
メールを送る

【労務】 - 労働保険事務組合制度

労働保険事務組合とは

労働保険事務組合は、商工会議所などの事業主の団体が労働大臣の認可を受け、
事業主の皆さんに代わって労働保険の事務代行を行うものです。
労働保険事務組合では、加入手続き等、わずらわしい事務を
事業主の委託を受けて事業主の皆さんに代わって事務を代行します。
当労働保険事務組合に加入するには、商工会議所の会員であることが必要です。

事務処理の委託をすると

労働保険事務組合は、事業主に代わって
公共職業安定所、労働基準監督署への事務手続、
労働保険料の申告・納付、及び雇用保険の資格取得・喪失等の手続きを行います。

委託できる事業主は

常時使用する労働者が、
1.金融・保険・不動産・小売業にあっては50人以下の事業主
2.卸売の事業・サービス業にあっては100人以下の事業主
3.その他の事業にあっては300人以下の事業主

事務委託をした場合の利点は

1.労働保険料の申告・納付等の労働保険事務を
事業主に代わって処理しますので事務の手間が省けます。 2.労働保険料の額にかかわらず3回に分割納付できます。
3.労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども
労災保険に特別に加入することができます。(労災保険の特別加入制度)

加入の際必要なものは?

印鑑(代表者印・通帳印)
会社ゴム印(会社名、所在地、代表者名等入ったもの。横版)
賃金台帳(賃金の明細のわかるもの)
労働者名簿(労働者の氏名、生年月日等わかるもの)